二重まぶたゲット!正しい基礎知識を身に付けよう

「なんで一重なんだろう?」って思っていませんか?

ここでは、どうやって「理想の二重」になれるかを教えます。

そのためには、『なんで?』という疑問の原因や対策について、

正しい知識を持たなければなりません。

そこで、理想の二重を目指す上で、

知っておきたい基礎知識についてまとめてみました。


 くせ付けの前に改善したいこと

どんな器具を使って、どんな方法で「くせ付け」をするのにも、

その器具の商品力や説明不足が考えられます。

しかし、その他にも理由があります。

◎正しい方法や継続ができているのか?

◎どんな二重を目標にしているのか?

◎現在のまぶたのカタチや状況は?

このようなポイントで、認識のズレが考えられます。

これらのことについて、ひとつひとつ解消することで、

徐々に「二重クセ」が付くことが期待されます。

そこで、【目標】と【生活習慣】について解説しましょう。


 

自分のまぶたの状態は?

「雑誌モデルのようなパッチリ二重になりたい」

「海外セレブのような並行二重 になりたい」

こんな風に思ったことあると思います。

でも、今のまぶたのカタチや状況は把握できていますか?


ランク目標今のまぶた
1級外人二重並行幅広で、エキゾチックな印象の二重。
2級芸能人二重二重線がクッキリした、埋没法のような二重。
3級ナチュラル二重普通の時でも二重線が見える、パッチリ二重。
4級奥二重見開けば二重だけど、普通の時は一重に見える。
5級薄い一重まぶたは薄いが一重。二重線はうっすら。
6級厚い一重まぶたが厚く、まつげも埋もれ気味。

今のまぶたのカタチと、あなたの『目標』との差が、

大きければ大きいほど、思うようにクセ付きが進まないものです。

つまり上記の表で言えば、一段づつ目標の階段を上がりましょう。

無理のない範囲でステップアップすることが、

理想とする本物の二重を実現するのです。

今すぐ理想の二重になりたい気持ちはわかります。

しかし、本物の二重をしっかりと定着させるためには、

クセ付けやすいカタチから、徐々に理想のカタチに移行してゆく、

これがベストなのです。


クセ付けにくい、そのワケと対策

クセ付きに大きく影響してくるのが、まぶたの「厚さ」と「固さ」です。

これらは、生まれ持った遺伝的なものから、

日々の生活習慣によるものまで、要因は様々です。

まぶたが「厚く」「固い」ほど、クセ付きにくく、

「薄く」「柔らかい」ほど、クセ付きやすいのです。

つまり、土台となるまぶたの厚さと固さの違いは、

クセ付け具合に大きく差がついてきます。

でも、安心してください!

遺伝的なものでも、生活習慣を変えることで、

クセ付きを効果的にすることができます。

そこで、あなたが日常生活の中で行なえる、

「厚さ」「固さ」解決のための対策を3つ教えます。

まぶたのムクミは大敵になりますから、

日々の『ムクミケア』を習慣化していきましょう。


 柔らか薄まぶたを目指す5つの習慣

柔らか薄まぶたに近づけば近づくほど、

理想の二重に変化させやすくなることはわかりましたか?

それでは、柔らか薄まぶたにする日頃の習慣について解説します。


顔全体の血行促進

朝起きて目が腫れぼったい・・・と感じたことありませんか?

それは、目のムクミだけでなく、顔全体がムクんでいる場合が多いです。

そんな場合は、顔全体のムクミケアがおすすめです。


顔全体のムクミケアのやり方

蒸しタオルで1~2分間、顔全体を温めてから、

冷水で軽く顔を流します。

これを、2~3回繰り返すことで血行が促進され、

ムクミがスッキリします。


蒸しタオルの簡単作り方

蒸しタオルは簡単に作ることができます。

濡れタオルを電子レンジで30秒前後温めるだけです。


まぶたのマッサージ

目をつぶり、指の腹で上まぶたを目頭から目尻方向に撫でるように、

何度もマッサージを行いましょう。

こうすることによって、血行が良くなるだけでなく、

溜まった水分も流していけるので効果的です。


頭皮のマッサージ

お風呂に入りシャンプーする際に、

頭皮をつかむようにしてマッサージを行ったり、

よく頭皮を揉んで柔らかくするようにしましょう。

これを習慣的に行うことで、頭皮の血行が良くなり、

顔のムクミケアにも効果があります。


塩分を控え、適度な運動を!

普段の生活の中で、基本は「塩分の取り過ぎを控える」ことです。

ヘルシー食品の中でも、塩分を多く使っている商品もあるので、

しっかりと確認してみましょう。

そして、適度な運動を行うことです。

適度な運動を行うことで、新陳代謝を活発にして、

老廃物を排出するように促進してくれます。


ムクミにくい寝方

夜寝る際には、仰向けになり顎を上げて寝ましょう。

顎を下に、うつ伏せに寝ると、

身体の水分が目元に集中し、ムクむ原因になってしまいます。

そして、夜更かしもまたムクミの原因になりますから、

規則正しい生活を過ごすよう心掛けましょう。

【寝ている間にクッキリ二重に!】詳細はコチラ▷












まとめ

理想の二重になるためには、

今のまぶたのカタチや状況を知ったうえで、

一歩一歩、着実に理想への階段を上りましょう。

より効果を出すためには、

日頃から生活習慣を変えることも、充分に役立ってきます。

そのための日々のムクミケアを習慣づけていきましょう。

1.顔全体の血行を促進しましょう。

2.まぶたのマッサージを行いましょう。

3.頭皮のマッサージも行いましょう。

4.塩分を控え、適度な運動をしましょう。

5.ムクみにくい寝方を習慣づけましょう。

このように、簡単でスグできることから習慣づけることが、

より一層、あなたの期待に応えられる『二重』に変化させるのです。











コメントを残す

サブコンテンツ

最新情報

2016-12-04-5

美肌改善情報

アンチエイジングケア

【ほうれい線や目元のしわが目立つ30代乾燥肌訴求】アヤナストライアルセット

ボディーケア

乳首訴求

スポンサードリンク

旬のオススメ商品

このページの先頭へ