見た目年齢若返りの秘訣!ハリ・ツヤの悩みが解消できた喜び【裏技公開】

現在♪、過去♪、未来♪

こんな歌、ありましたね~(笑)

これを知ってるあなたは、私と同じ年代でしょうか?

もし、知らない人がいたならば「渡辺真知子」さんで検索してみてください。

そんなことは、どうでもいいんですが・・・。

 

日頃から「お肌のケア」には、気を遣ってきたはずなのに、やっぱりダメねー(涙)

年齢を重ねるごとに、シワが隠せなくなってきた自分にショックを受けていました。

とうとう誤魔化しきれない、『口元』にまで来てしまっていました。

「仕方ないか」と内心思いながらも、人前にでる仕事なので、できることなら隠したいと悩んでいました。

  • だんだんと気になりだした口元
  • 怒った時にできる眉間のシワ
  • 笑ってできる目元のシワ

加齢とともに『お肌の危険サイン』が出てくるんですね。

特に第一印象が大切な仕事柄、顔に出てくる加齢サインが、相手に見られる「実年齢」に差をつけてしまっているのかを考えると、できることなら改善したいですね。

 

『加齢サイン』の原因



乾燥

乾燥はお肌トラブルの一番大きな原因なんです。

乾燥した肌は、肌表面を守っているセラミドの量が不足している状態であり、お肌内部の水分が逃げやすくなっています。

また、この状態ではホコリや紫外線などの外部刺激を受けやすくなっています。

この乾燥によって、更にホウレイ線が目立つようになっているのです。

 

紫外線

紫外線は肌の奥まで入り込んで皮膚の組織を痛めます。

乾燥肌に紫外線を浴びると、シワだけじゃなくシミの原因にもなります。

 

肌のたるみ

ホウレイ線が目立ってくるのは、肌が全体的に垂れ下がってしまう「たるみ」なんです。

胸やお尻も同じですね。

顔の表情筋などが衰えて頬の重さを支えきれなくなってくるのです。

表情筋とは、顔の目や口、鼻などを動かす筋肉のことです。

 

その他

食生活の乱れや睡眠不足、ストレス、喫煙などもシワを作る原因になっています。

このように、生活習慣が乱れるとお肌の新陳代謝が乱れてしまうそうです。

すると、新しい肌細胞が古い肌細胞を押し上げる周期が崩れ、シワ・シミ・ニキビ・肌荒れ・毛穴トラブルを招くのです。

 

お肌簡単ケア

洗顔後すぐ、もしくは化粧水の後に、指の腹を使って「浸透させる」ように優しく塗ります。

あっ、何を使ったのか?ですよね(笑)

あなたに肝心なところを教えないと、私のように悩みも解消しませんよね。

今回やっと手に入れたのは、薬用『美肌クリーム ピュア&シルク』です。

これを使ったら、あなたの口元にもハリと潤いが育成されますよ。

 

毎日塗って栄養チャージ

朝晩2回塗るだけのらくらくケアです。

気になるところに、指の腹で優しく伸ばして肌に馴染ませます。

すると、お肌に高配合の美容成分がしっかり浸透します。

 

ふっくらお肌を実感

朝晩2回の「ピュア&シルク」が習慣になったあなた。

固くゴワついていた肌が、しっかりとした「ふんわりお肌」へ変化したことを実感してもらえると思います。

継続することが大切です。

 

赤ちゃん肌へ

古い角質は肌表面から徐々にはがれていきます。

しっとり、ふんわりとした「念願の赤ちゃん肌」を手に入れるまで、約1ヵ月続けてみてくださいね。

 

10歳肌を手に入れる

大人のケアは結果が全てですよね。

ピュア&シルクを愛用し続けていますが、最近は口元を気にせずニッコリ笑えるようになりました。

これも、いつも塗るときに「薄くなれ~、なくなれ~」っておまじないしながら使っていたのが良かったんでしょうね(笑)。

『ピュア&シルク』は、有効成分をナノエマルジョン化して、お肌の奥まで浸透し、内側からふっくらさせる最先端技術だそうです。

また、5つの贅沢な『美容成分配合』が魅力の一つです。

悩んでいた頃の自分には、何かの『ケア』を施さなければ、もっと『肌年齢』が危険だと思ってました。

このピュア&シルクを手に入れて、愛用しているうちに『幸せな気分』になっています。

自信をもって、人前に出ていける自分を取り戻せました(笑)

もし、肌に合わなかったら・・・って心配でしたが、返品保証もついていたのですぐに使わせていただきました。

本当に、感謝しています。

これからも『ピュア&シルク』を習慣として、愛用していきます。
美肌クリーム【ピュア&シルク】の詳細を見る>>
 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最新情報

2016-12-04-5

美肌改善情報

アンチエイジングケア

【ほうれい線や目元のしわが目立つ30代乾燥肌訴求】アヤナストライアルセット

ボディーケア

乳首訴求

スポンサードリンク

旬のオススメ商品

このページの先頭へ